プロミスで電話以外で在籍確認するためのポイント

スタッフプロミスは、電話以外での方法でも在籍確認をしてくれます。
その方法とは書類ですが、下記3つの書類をプロミスに送付することで審査に通すことができます。

社員証
収入証明書
健康保険証

プロミスで電話なしの在籍確認方法で今すぐ借入する
プロミス

 
 

電話以外で在籍確認する方法

プロミスの在籍確認は必ずしも電話でなくてはいけないということはありません。電話以外にも申込者の勤め先を確認できる書類を提出することで、それを在籍確認とみなすこともあるようです。

ただしプロミスの場合も、モビットのようにある一定の条件が設けられているようです。

このページではプロミスの勤務先への電話確認を書類で回避する方法を解説していきたいと思います。家族や勤務先の上司や同僚にバレたくない!出来ることなら知られずにお金を借りたいと思っている方には、ぜひ申込みされる前に参考にしていただければと思います。

電話への在籍確認で何をチェックされるの?

銀行カードローンや消費者金融からお金を借りるためには、必ず「申込」「審査」「カードローン発行」「キャッシング」という基本的なプロセスがあります。(カードローン会社によってないところもある)

この中で、カードローン会社が必ず「審査」を行う過程の中に「在籍確認」を置いています。この「在籍確認」は実際に申込みをした本人が、本当にその職場で働いているか電話をすることで、なりすましではないことをカードローン会社は確認できるからです。そのため、審査の過程で必ず行わなければならない重要ポイントの一つとなっています。

もしも本人であることを確認できない、勤務先を偽っていたとしたら、それは審査に不利な勤務先や職業に就いていると考えられます。そのためにも果たして本当に勤務先が正しい情報なのかをチェックする上でも「在籍確認」は必ず必要なのです。

カードローン会社にとっては、申込み者が記載した内容のみしか知り得ることができないため、お金を貸す側からしてみれば当然と言えば当然の確認事項でしょう!

プロミスは書類でも在籍確認が可能な消費者金融

ではプロミスの「在籍確認」は必ず電話ではないといけないのでしょうか。

プロミスの在籍確認は、実は必ずしも電話でなくてはいけないということはありません。電話という方法以外でも在籍確認はしてくれます。
その方法とは、書類を送るという方法です。書類をプロミスに送ることで、電話連絡なしで在籍確認を取ってくれるようです。

ではその書類とは具体的にどのようなものかと言うと、「会社に在籍していることがわかる書類」を送付します。

・会社の社員証
・社名の入った収入証明書
・健康保険証
会社の社員証

大手企業などは、その人が自社の社員であるという証拠として社員証が配布される所があります。今ではセキュリティも一層厳しくなった中、社員証を発行する企業も多いことでしょう。

社員証では顔写真に名前、所属している部署が記載されています。いわゆる身分証の役割を果たす重要な書類の一つとなります。

社名の入った収入証明書

社名の入った収入証明書というのは、「源泉徴収票」「給与明細書」などのことを言います。プロミスを含め大手消費者金融では、50万円までの利用希望であれば収入証明書は不要となっているため、50万円以下でお金を借りたいということであれば、収入証明書は提出しなくてもいいでしょう。

ただし、50万円を超える金額での融資を希望の場合は、必ず収入証明書を提出しなければなりません。

このことから、50万円以内の借入希望であれば、特に在籍確認することもなく審査を受けることができるでしょう!

健康保険証

どこかしら企業に所属していれば、必ず健康保険証を持っていると思いますが、この健康保険証は本人確認の書類として提出を求められます。

もしも運転免許証を持っていれば、免許証が一番の提出書類となります。次に挙げられるものとしてはパスポートも、本人確認の書類として利用できます。

健康保険証には大抵、社名が記載されていると思いますが、社名入りで健康保険証を提出すれば、在籍確認は完ぺきでしょう!

プロミスで電話以外で在籍確認する方法のまとめ

プロミスの在籍確認は必ずしも、勤務先への電話でなくてはいけないということはありません。
書類を送るという方法で回避してくれることもありますが、次の書類が用意できるかどうかになります。

社員証
収入証明書
健康保険証

プロミスで電話なしの在籍確認方法で今すぐ借入する