「じぶん銀行」とは、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して2008年に設立したインターネット銀行です。

「じぶん銀行」は「手のひらにあるじぶんの銀行」というコンセプトのもと、「SMART」な金融サービスに、「MOBILE」ならではの利便性や楽しさを付加しながら、「SMILE」を利用者に提供するという「SMART×MOBILE=SMILE」をスローガンに掲げながら取り組んでいる銀行です。

ネット銀行だからこその万全のセキュリティ機能で、手のひらにある銀行を自由に持ち歩ける、そんな今の時代を反映したスタイルとなっています。

規模としては2015年9月末現在の口座数は200万口座に到達、預金残高は7,511億円、カードローン残高は1,021億円となり口座数や預金残高は右肩上がりです。

また「じぶん銀行」はKDDIが関わっていることもあり、もしかしたら「じぶん銀行」はauユーザーしか利用できないと思われがちですが、そんなことはありません。
他社の携帯、docomoやソフトバンクでも開設することは可能です。
ただしスマホアプリを利用する場合、固まりやすかったりアプリがまったく使えないという機種もあるため注意が必要です。

そんなじぶん銀行のカードローンは低金利で、しかもauのユーザーなら「au限定割」で最大0.5%金利優遇と更にお得となっています。

そして銀行系カードローンの中では数少なく、即日での融資も可能です。
今回は店舗を持たず、ネットを使ったネット専業銀行、「じぶん銀行カードローン」からお金を借りる方法を詳しく調査し解説したいと思います。

なお、じぶん銀行の特徴についてはこちらを参考に。
特に「au」ユーザーにとって、とても手厚いサービスを行っていますので必見です!

じぶん銀行カードローンのここが魅力!

じぶん銀行のカードローン「じぶんローン」には次のような魅力的な優遇がたくさんあります。
そして例え、じぶん銀行に口座がなくても利用することができます。

利用限度額最高800万円

300万円まで収入証明書原則不要

金利は年2.4%~17.5%

最短即日融資!

ATM手数料完全無料!

自営、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者学生の申込みも可能

日本国内在住の外国籍の利用も可能

最大800万円まで融資可能、だから「おまとめ」「借り換え」もOK!

じぶん銀行カードローンは銀行系のローンのため、もちろん総量規制の対象にはなりません。
そのため年収の3分の1を超える借入れも可能です。

3分の1を超える借入れも可能ということは、「おまとめ」や「借り換え」ロ―ンとしても利用できるため、もしも他社に借入をしているのなら毎回の返済額が軽減できるチャンスです。

複数の借入れをじぶん銀行でまとめて返済することで、複数日あった返済日を毎月1回にできます。
返済日・通知が1つになるので返済管理がとってもラクになります。

ちなみにじぶん銀行と同じ最大限度額が800万円の銀行カードローンは他に、

三井住友銀行
イオン銀行
オリックス銀行
りそな銀行
ソニー銀行

などがあります。

ただしじぶん銀行のみでなく、他の銀行カードローンでも言えることは、新規申し込みで設定される限度額は
100万円未満で借りている人が圧倒的に多く、平均で30万~50万円程度になることが多いようです。

少しでも限度額を高くしたいのであればやはり何年も積み上げる「信用」というものが大切となってきます。
そのため返済遅延なく支払うことが重要となります。

限度額300万円まで収入証明書不要

じぶんローンは、限度額300万円までなら収入証明書不要はもちろん、本人確認書類まで原則不要です。

本人確認書類には、

運転免許証
健康保険証
パスポート
在留カード
特別永住者証明書
外国人登録証明書

上記のいずれかの書類が必要となることが多いですが、もしもじぶん銀行に口座があれば提出する必要はありません。
申込みから契約まで全てネットで完結します。

最短即日融資が可能

じぶんローンは当日融資も可能ですが、それはじぶん銀行の口座があればの話です。

もしも口座を持っていない場合は実際に融資を受けるまでに一週間ほどかかるようです。
「融資」とは契約手続きが完了してからローンカードが届くまで通常一週間くらいかかるということです。

もともとの審査はたいていは当日の間にしてくれ、審査結果も申込みの時間によっては数日間かかることはあるようですがだいたいは日中に返答をしてもらえます。
要は、カードローンを申込む銀行の口座を持っているかいないかによって即日融資が受けれるか、受けられないのかが変わってくるのです。

もしも即日融資を受けたい場合は事前にじぶん銀行の口座を作っておいた方がベストでしょう。

じぶん銀行カードローンのデメリット

上記はメリット的な部分でしたが、じぶんローンもデメリットがあります。
しかし、ある点を新たに申込むことによってそれがメリットとなることもあります。

消費者金融並!金利が高い

じぶんローンの実質金利は、2.4~17.5%です。
この年利は他の銀行系のカードローンと比べると、低金利というにはほど遠く、むしろ消費者金融並の金利となっており割高です。

もしも「au限定割」が適用されない通常金利の場合は次のようになります。

利用限度額 通常の金利(%)
710万円~800万円 2.4~3.5
610万円~700万円 3.5~4.5
510万円~600万円 4.5~5.0
410万円~500万円 5.0~6.0
310万円~400万円 6.0~7.0
210万円~300万円 7.0~9.0
110万円~200万円 9.0~13.0
10万円~100万円 13.0~17.5

他に割高な銀行系カードローンはオリックス銀行で3.0%~17.8%、ジャパンネット銀行は2.5%~18.0%、新生銀行(レイク)は4.5%~18.0%となっています。

じぶんローンに限って言えることではありませんが、通常最低金利の金利は最高限度額の融資の場合に適用される可能性が高いため、あまりお得であるとは言い切れません。
この場合も2.4%が適用されるのは710万円以上の融資の場合と言えるでしょう。

そのため高いか低いかと言えば、銀行系カードローンの中では高金利ということになります。

auユーザー特別の優遇措置で金利をお得にできる!

しかしもしもauのユーザーであれば、「au限定割」というのが適用され特別優遇を受けられます。
「au限定割」はauユーザーであれば「誰でもコース」と「借り換えコース」という2つのコースを利用することが出来るのです。

「誰でもコース」を適用する時の金利は、次のようになります。
通常の金利よりも0.1%安くなります。

利用限度額 通常の金利(%)
710万円~800万円 2.3~3.4
610万円~700万円 3.4~4.4
510万円~600万円 4.4~4.9
410万円~500万円 4.9~5.9
310万円~400万円 5.9~6.9
210万円~300万円 6.9~8.9
110万円~200万円 8.9~12.9
10万円~100万円 12.9~17.4

「借り換えコース」は他社から借り換えした場合のコースで、次のようになります。
通常の金利よりも0.5%安くなります。

利用限度額 通常の金利(%)
710万円~800万円 1.9~3.0
610万円~700万円 3.0~4.0
510万円~600万円 4.0~4.5
410万円~500万円 4.5~5.5
310万円~400万円 5.5~6.5
210万円~300万円 6.5~8.5
110万円~200万円 8.5~12.5
10万円~100万円 12.5 (限度額は100万円の場合のみ)

じぶん銀行カードローはこんな人に向いている

じぶん銀行カードローンは次のような人にとっては向いているローンだと言えます。

■じぶん銀行の口座を持っている

すでにじぶん銀行のキャッシュカードを持っているという人にとっては、融資までの流れがとてもスムーズで即日融資も可能です。
口座を持っていれば、10桁のお客さま番号とログインパスワードでインターネットバンキングにログインした後、じぶんローンの申込みを行うことができます。

銀行口座を持っていない場合は、口座開設とローンの申込み、そしてローンカードが届くまでに1週間ほどかかってしまいます。

■auの利用者の方

auの利用者の方は下記の項目に挙げている「5つの特別特典」のとおり、たくさんの優遇措置があります。

特におまとめや借り換えで利用したいという場合は自信を持っておすすめしたいカードローンです。
ちなみに「おまとめ・借り換え」の銀行系カードローンの金利を比較してみると次のようになります。

金融機関名 おまとめ・乗り換え金利(%)
じぶん銀行 1.9~12.5
三菱東京UFJ銀行 4.6~14.6
三井住友銀行 4.0~14.5
東京スター銀行 5.8~14.8
楽天銀行 1.9~14.5
オリックス銀行 3.0~17.8


表からも分かるとおり、平均金利はおおよそ4.0%台~14%、15%となっています。
そのことからもau利用者にとってお得感いっぱいのカードローンであることは実感できる数字です!

auユーザーだけの5つの特別特典

「au」ユーザーにとってとても手厚いサービスを行っているじぶん銀行ですが、実際なにがどれくらいの特典をGetできるのかと言うと次のようになります。

au限定で定期預金金利がGetできる!

auユーザーには円定期預金の金利優遇というのがあります。

新規に口座開設する方も、すでに口座を持っている方にも金利が上乗せされるのです。
もしも新規口座開設の場合、通常3ヶ月ものの円定期預金は年0.14%(税引前)ですが、auユーザーなら更に年0.10%(税引前)のau限定金利が上乗せされて、何と年0.24%となります。

またすでに口座を持っている場合は、1年ものの円定期預は年0.050%(税引前)ですが、auユーザーなら更に年0.10%(税引前)のau限定金利が上乗せされて、何と年0.15%となります。

他の銀行の円定期預金はどれくらいか調べてみると表のようになりました。(1円以上のお預けでリサーチ)


銀行名 円定期預金(3ヶ月) 円定期預金(1年)
じぶん銀行 0.24% 0.15%
三菱東京UFJ銀行 0.01% 0.01%
三井住友銀行 0.01% 0.01%
みずほ銀行 0.01% 0.01%
新生銀行 0.50% 0.02%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02%
住信SBIネット銀行 0.03% 0.15%
東京スター銀行 0.025% 0.025%

新生銀行の3ヶ月定期0.50%は破格の金利ですが、新規口座開設された方限定の商品としてキャンペーンをしているようでした。

それにしてもauユーザー優遇のじぶん銀行の金利は他の銀行と比べると、じぶん銀行で定期預金をするだけで何倍もの利息が受け取ることができます。
auユーザーなら口座開設する価値大です!

ATM手数料完全無料!回数制限もなし!

じぶん銀行はコンビニATM(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス)、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行ATMの手数料が休日・夜間、そして回数にかかわらず、無料となります。

つまり、どの時間でもどの場所に行っても何度入出金しても24時間365日、完全に無料です。
こんなサービスは他にはなかなか見ないと思います。

ただしauユーザーでない場合は三菱東京UFJ銀行ATMおよびコンビニATMの場合、月3回までは無料ですが、4回目からは1回につき108円(税込)の手数料がかかります。
ゆうちょ銀行ATMは、預入れ・引出しともに月2回目の取引からそれぞれ1回につき216円(税込)かかります。

振込手数料 最大月5回まで0円!

じぶん銀行同士や三菱東京UFJ銀行宛てへの振込手数料は回数にかかわらず、何回でも無料です。

三菱東京UFJ銀行も利用している人にとっては銀行間への振込が無料のため、魅力的なサービスです。
他行あての振込手数料に関しては最大月5回まで無料となっています。
(以前は無制限で振込手数料が無料でしたが、2015年10月1日(木)から月5回までと変更されました。)

他行あての振込は無制限ではなくなりましたが、それでも月5回も無料ならかなりの取引はカバーできます。

因みに住信SBIネット銀行は一定の条件(ランク毎に振込が無料となる)を満たした場合、無料になるサービスを行っていたり、新生銀行では月5回まで他行宛送金手数料が無料です。
じぶん銀行の場合、無条件で5回も振込が無料となるのは本当に嬉しいシステムです!

auユーザーでない場合はじぶん銀行同士や三菱東京UFJ銀行宛てへの振込手数料は無料ですが、他行あての振込手数料に関しては、3万円未満は1回につき178円(税込)、3万円以上は1回につき278円(税込)となっています。

この差はかなり大きいです!

カードローンau限定割で0.5%優遇あり!

通常のカードローンの金利は年2.4%~17.5%となっていますが、新規で申込みしたauユーザーにはそこから年0.1%優遇され、年2.3%~17.4%低い金利でお金を借りることが出来ます。

更に他社からの借り換えなら年0.5%の優遇、つまり1.9%~12.5%の金利でお金を借りることが出来ます。

そして融資を受けるには、次の2つの条件をクリアできれば申込み可能です。

  • じぶん銀行にて、「au ID」の登録が必要
  • 登録するau IDに、利用しているauの携帯電話や固定通信サービスが設定されていること。

※au携帯電話、ケーブルプラス電話、Smart TVBox、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかりちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコース)が対象。

WALLET ポイントが貯まる

「au WALLET」とはSuicaやnanacoなどと同じプリペイド式の電子マネーのことで、au WALLETにお金をチャージすれば、全国のどこのコンビニでもスーパーやレストランなどでも利用でき、「WALLET ポイント」が貯まります。

貯まったポイントは、機種変更の代金や月々の支払いへの充当だけでなく、更に他の買い物にも利用できる優れたカードです。
チャージ(入金)の方法はauかんたん決済、じぶん銀行、ポイント、現金などが可能で、特に「auかんたん決済」では、オートチャージの設定も可能です。

もしもじぶん銀行から「au WALLET」へチャージした場合、5,000円以上で5%相当の金額を増額してくれます。
250円も増額してくれて買い物できるのは本当に魅力です。

また給与や賞与の受け取りや他行からの振込処理、au料金やau WALLETクレジットカードの引き落としなどに利用することで、毎月次のようなWALLET ポイントがプレゼントされます。

取引内容 条件 ポイント
  (毎月)
ポイント
  (年間)
給与または賞与 1回5万円以上/月 50P 600P
円普通預金 月末時点の残高50万円以上 20P 240P
他行からの振込入金 1回5万円以上/月 10P 120P
au料金・au WALLET クレジットカードの引落し 所定の引落日に引落しが実行された場合/月 10P 120P
カードローン約定返済の引落し 所定の引落日に引落しが実行された場合/月 10P 120P

また、更に対象期間中の各月(1ヶ月間)の間で、スマートフォンアプリにログインすると、WALLET ポイントが貯まります。
内容は次のようになります。

月間ログイン日数 ポイント数
1日~9日間 0ポイント
10日~19日間 10ポイント
20日~29日間 20ポイント
30日間以上 30ポイント


このようにauユーザーであればお得な特典をたくさん受けることができるのです。

au加入の「じぶん銀行」は最強なネットバンキング!

「じぶん銀行」は特典も多く、もちろんauに加入していなくても十分魅力的な銀行です。
しかしauユーザーであればもっとお得に利用できることがわかりました。

5つの特典を表にしてまとめてみました。

  auユーザー 一般ユーザー
定期預金 年0.1%上乗せ
※年0.24%(税引前):3ヶ月
※年0.15%(税引前):1年
現行のまま
※年0.14%(税引前):3ヶ月
※年0.05%(税引前):1年 
ATM手数料 無料(月に何回でも) 月3回まで無料
(ゆうちょ銀行は月1回まで)
振込手数料
(同行・三菱東京UFJ銀行宛)
無料(月に何回でも) 無料(月に何回でも)
振込手数料(他行宛) 月5回まで無料 3万円未満:178円(税込)/回
3万円以上:278円(税込)/回
カードローン 新規で申込:年0.1%優遇
(年2.3%~17.4%)
他社乗り換え:年0.5%優遇
(年1.9%~12.5%)
現行のまま:年2.4%~17.5%
WALLET ポイント 最大年間1200ポイント ポイントなし